2005年10月15日

負けてられん。


キラキラした人達を久々に見た。


友達に誘われて観に行った舞台


「SYNCHRONICITY LULLABY」
        presents AND ENDLESS


舞台の上でスポットライトを浴びる堂々とした姿と

細部までぬかりのないその演出に

すっかり見入ってしまって

あっという間の時間を過ごした。

有意義で大切な時間だった。


それと同時に

キラキラした人たちを見てハッとする

急に焦った

あの人達と比べて今の自分は何やってるんだろう。

そう思った



最近、何もかもが恐ろしく中途半端。

いろんな事に挑戦はしてみるけど

どれもいまいち極めてないし

グダグダな状態

中途半端すぎて逆にダサい

こんなんなら何もやらない方がマシなくらい。

キラキラするには程遠い状態。


新しいことにも興味を示さなくなったし

自分を磨くという事も放棄気味。

めんどくさいとかどーでもいいとか

そんな言葉で片付けて

何に対しても冷めてる自分がいて

今の環境に甘えきってたと思う。


以前はもっと努力してた。

興味の持った事には躊躇せず飛び込んで

何でも挑戦した。

やるからには真剣に取り組んで

いろんな人と交流して語って

人を受け入れ、自分を伝えて

日々いろんな事を吸収しようと

へとへとになりながらも毎日努力した


その時の努力のおかげで今の自分があるし

いろんな人に囲まれて

何不自由なくのほほんとしていられる


舞台のタイトル「SYNCHRONICITY(意味のある偶然)」

シンクロニシティをいっぱい作っていきたい

あの人達に負けないくらいキラキラしたいもん


思い返せば

一生懸命頑張ったから

国家試験とって歯科衛生士にもなれたし


大変なケアも毎日続けたから

サロンモデルにも選ばれた。


妥協せず必死に勉強したおかげで

衆議院にも東芝(前職)にも採用されたし


極度のあがり症を

克服したくて飛び込んだら

よさこいの舞台にも立てた。



国際色豊かな空港バイトで

いろんなこと勉強して

社会人になってからも学生に交ざって

カフェのバリスタに受かった



帰りたくなるくらい辛い時もあったけど

一人暮らしももう5年経った

一人で知らない街に来て

何にもないゼロの状態から

いろんな人の力を借りて

自分で考え、作ってきた


500キャンにも出会えて

友達いっぱいできて

いろんな場数も踏んで

めっちゃたくさんの人と関わって語って


なんだ私、頑張ってたのかも?

って思いたいけど


まだまだ。

こんなんじゃまだ甘いしちっさいわ

まだスタート地点に立ってもない

こんなんで満足してんな




まだまだやりたいこと残ってるし



ああ、なんだかワクワクしてきたな。。
    


posted by モミ at 19:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

あがり症を克服するにはどうすればいいのか
Excerpt: あがり症は、とくに日本人に多いと言われています。 あがり症を改善するには、なぜ...
Weblog: 自己啓発 速読法 記憶術
Tracked: 2005-10-17 09:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。